歯が全損!?オールオン4がある!!

頭を抱える男性

虫歯や歯周病などのために、自分の歯を失ってしまうと食べ物を噛むことが難しくなってしまったり、空気が漏れて話をしても聞き取りにくくなったりしてしまい、生活に支障が出てきます。
また、食べ物をしっかりと噛むことができないために、消化が悪くなってしまい健康にも影響が出ることや見た目の悪さなどがあるため、消極的になってしまう人はとても多く、総入れ歯にする人が多いのが現状です。
インプラント治療をする場合には、10本から14本を埋め込む手術が一般的で、手術時間が長く術後の腫れが大きかったり、費用が高額になったりするので負担が大きく、総入れ歯を選ぶ人が多かったのです。

最近大変話題になっているのが、4本のインプラントをバランスよく骨に埋め込むオールオン4です。
その日のうちに固定式の仮の歯を入れるので、すぐに噛むことができ自分の歯のように自然で機能性が高いため、評判が良く選ぶ人が増えてきている治療法です。
オールオン4は、欧米では一般的になってきている方法で、4本のインプラントで上や下の歯のすべてを支えることができるため、手術時間や腫れが少なく費用の負担も軽いため、日本人の間でも話題になってきています。
また、骨が薄い場合には、インプラント手術を諦めたり、大掛かりな骨の移植手術をする必要がありましたが、オールオン4なら移植手術をしなくてもインプラントができるというメリットもあります。

治療の骨の状態を調べて、埋め込むインプラントの最適な数を決定することから始めます。
4本の場合にはオールオン4と呼ばれ、6本の場合にはオールオン6と呼ばれています。
オールオン4やオールオン6の選択は医師と相談して決めることになります。
欧米の人に比べてあごの骨が小さい日本人の骨格に合わせて作られた物を使うため、噛み心地が良く、硬い物を食べることができるようになり生活の質が向上すると大変評判が良い治療法です。
食生活が豊かになり、消化も良くなるので健康的な生活を送ることができるようになることが大きなメリットです。

食べる楽しみがよみがえるだけでなく、しっかりと話すことができるようになり、見た目もきれいになるため、口元が若々しくなりコミュニケーションに自信を持てるようになる人が大変多く喜ばれています。
総入れ歯よりも機能的にも見た目の自然さも優れているオールオン4は、自分の歯を失ってしまった人が生き生きと生活するための負担が少なく効果が高いおすすめの治療法です。

関連記事

ページ上部へ戻る