歯のレントゲン写真

事故などで歯を失った場合、あるいは虫歯などが原因で抜歯しなければならないときには、抜歯した後に代わりとなる歯を取り付ける必要があります。
それは歯が欠損することで歯並びが変わり、噛み合わせが悪化することを防ぐためです。

代わりの歯を取り付ける方法のひとつとしてインプラント治療が挙げられます。
これは歯科医院で受けることができるもので、歯が欠損している部位の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、顎の骨と結合させます。
その後、人工の歯根を土台として人工の歯を取り付ける治療です。
入れ歯やブリッジと比較して安定した噛み合わせを確保できることがメリットです。

インプラント治療は見た目においても優れている特徴があります。
つまり、入れ歯などであれば周囲の歯と違和感が感じることがあります。
しかしながら、インプラント治療で取り付ける人工の歯については周囲の歯に合わせて作製されるので、取り付けていても目立たないことがメリットです。
審美性が重要な前歯など周囲の人にも見える箇所の治療にはありがたいことです。

治療についてはインプラント治療の実績が高い歯科医院を選ぶことがポイントです。
いきなり治療を行うということはありません。
まずは診察を行い、患者との十分なコミュニケーションを行います。
なぜならばインプラント治療は長期間にわたることから医師と信頼関係を築くことが大事です。
その後人工の歯根を埋入するための外科手術に向けた口腔内の治療を行います。
口腔内に虫歯などの問題があれば先にそちらの治療を行います。

顎の骨の状態の確認も行います。
もしも人工の歯根を埋入する部位の顎の骨の強度が十分でないと判断されたときには強度を高めるための治療が行われます。
特に前歯のインプラント治療の場合、前歯の顎の骨は健康な場合でも薄いことが多いので骨の強度を上げる治療がよく行われます。

人工の歯根を埋め込む外科手術は日帰りで受けることができます。
そのため、治療を終えた日から普段通りの生活を行うことができますが、人工の歯根を埋め込んだ部位については医師から指示されたメンテナンスを行う必要があります。
その日のうちに仮の歯を取り付けることができるケースもあります。

人工の歯根を埋め込んで固定されたことが確認できれば人工の歯を取り付けます。
その際には審美性などを考慮して作製されます。
見た目には周囲の歯と変わりありません。
素材にもさまざまなものがあり、価格も異なります。
メリットなどを比較して決めていき取り付けます。

噛む力の咬合力は天然の歯と変わらない!

矯正した歯

インプラント治療の最大のメリットはしっかりと噛むことができる点です。
入れ歯やブリッジでは周囲の健康な歯を利用して人工の歯を固定しています。
そのことから、食べるときに違和感を感じることがあります。
また、せんべいなどの固い食べ物を食べるときにしっかりと噛むことができないデメリットがありました。

インプラント治療においては顎の骨に人工の歯根を固定していることから、噛む力を維持することができます。
そのため固い食べ物でもしっかりと噛むことができます。
これは人工の歯根が顎の骨と結合しているからです。
人工の歯根は金属製ですがチタンが使用されています。
チタンは顎の骨との親和性が高く、しっかりと結合することができます。

また、しっかりと噛むことができるということは顎の骨が衰えていくことを防げます。
入れ歯などで噛みにくい歯があると自然と健康な歯を使って噛もうとします。
それによって使わない入れ歯とその周辺の顎の骨は痩せていきます。
それにより、入れ歯周辺の健康な歯についても衰える可能性があります。
しかしながら、インプラント治療で埋め込んだ歯では違和感なく噛むことができるので、健康な歯を健康な状態で維持できます。

噛む力を適切にするために人工の歯根を埋め込む際には精密な検査が行われます。
その結果に基づいて埋め込む角度や深さが決まります。
なお、人工の歯まで取り付けた後には噛む力について違和感がないか確認が行われます。
もしも違和感を感じることがあれば医師に申告することが大事です。

また、治療を終えてからも定期的なメンテナンスが行われます。
その際にも噛み合わせに関する確認が行われます。
使っていくうちに違和感があれば相談することで調整することができます。
このように、人工的に取り付けたものですが、調整をすることで適切な噛み心地を維持することが可能です。

お正月にはお雑煮などでお餅を食べる機会もあります。
入れ歯などでは餅の持つ粘着力によって、外れる可能性があります。
これではおめでたい気分も台無しです。
しかしながらインプラント治療で取り付けた人工の歯であれば、外れるリスクがなく安心することができます。

噛む力が安定することで、消化器に対する負担も小さくなります。
しっかりと噛むことができれば食べ物を細かく砕くことができるからです。
また、噛むことは全身の健康にも有効です。
そのためにもインプラントは効果的な治療と言えます。

最近の記事

  1. 2018.4.6

    インビザラインという最新矯正器具を試そう!!

    歯並びを治したい人が目立たない歯列矯正をしたいなら、矯正歯科で相談してインビザラ…

  2. 2018.2.11

    歯並びは虫歯のなりやすさと関係している!!

    虫歯になりやすいのは、甘い物の食べ過ぎや歯磨きをしていないことが原因と多くの人が…

  3. 2018.1.9

    歯列矯正で顔が整う!?本当!?

    歯がデコボコしたり重なり合って生える乱杭歯・出っ歯・受け口・すきっ歯など、歯が上…

  4. 健康保険被保険者証

    2017.12.6

    矯正歯科は保険適用外!?なぜ!?

    明眸皓歯という四字熟語が日本には存在します。 この明眸皓歯とは美人を示す言葉で…

  5. 頭を抱える男性

    2017.11.5

    歯が全損!?オールオン4がある!!

    虫歯や歯周病などのために、自分の歯を失ってしまうと食べ物を噛むことが難しくなって…

  6. インターネットで歯医者を選ぶ

    2017.10.15

    どこの歯医者に行けばいい!?

    歯医者には様々な診療科があり、さらに治療で重点を置くところが歯医者によって違って…

ページ上部へ戻る